国内電通グループ5社で、企業の未来価値を見出す グループ横断組織「未来事業創研」を発足

detail image

Field :

TAGS :


2021.07.07

国内電通グループ5社は、独自のアプローチで企業の未来価値を見出すグループ横断組織 「未来事業創研」を発足させました。

  

ISIDからはオープンイノベーションラボ(以下「イノラボ」)が、400以上のプロトタイプ開発実績で得た「未来をつくる技術ノウハウ」を提供します。

  

以下、電通のプレスリリースより抜粋です。

 

昨今の社会・事業環境の急速な変化に伴い、顧客企業による未来予測および未来事業創造に関するニーズが急速に高まっています。とりわけ、新型コロナウイルスは暮らしや社会環境を大きく変えると同時に、多くの企業において過去に描いてきた未来や目標を不明瞭なものにしていきました。このような背景から、顧客企業の事業創造・変革の実現を支援する体制および専門性を強化するため、未来事業創研は誕生しました。

 

中略

 

今後、未来事業創研では、次々と顕在化していく未来の社会課題をテクノロジーソリューションや事業アイデアで解決するだけでなく、企業や社会、人びとのくらしに貢献する事業創造やエコシステムを構築するために、DJNの顧客ネットワーク内での最適な企業マッチングを推進してきます。

 

全文は電通のプレスリリースをご覧ください。