SEEDS

\やっちゃいけない/WindowsUpdateの最中に電源を切りたい

  • この記事をSHAREする
  •  : Facebook
  •  : Twitter
  • detail image

    TAGS :


    大事なときにやってきて居座る、WindowsUpdateはITの世界における親戚の困ったおじさんのような存在です。

    電源を切るなと書いてありますが、切ったら一体どうなるのでしょう。切りたくなった衝動に駆られた人も多いはずです。

    やっちゃいけないことラボですので当然試してみます。

    007

    今回の被験者は前回に続いて阿部研究員

    所長のメガネが隔て板のときと違うのはメガネを忘れたからです。

    008

    パソコンにはあらかじめWindowsUpdateが始まるように更新プログラムがダウンロードした状態にしてあります。

    この状態でシャットダウンすれば自動的にWindowsUpdateが始まるはず。

    009

    「シューン」

    きれいにシャットダウンしてしまいました。必要なときにはいないのに必要ないときには絡んでくるというまるで担当役員のような特性が明らかになりました。

    この後、更新プログラムをインストールしたりアンインストールしたりしているうちに「コンピューターの電源を切らないでください」がついに出ました。

    010

    WindowsUpdateではないですが、「コンピューターの電源を切らないでください」が出ているのでいいことにします。

    011

    やっちゃいけないことラボ発動です。電源ボタンを長押しで強制的に電源をオフにします。

    012

    パソコンからファンの音が消えました。

    予想以上に一線を踏み越えた気がします。

    ではここから再び電源をオンにしてみます。

    013

    この画面はたまに見ます。「通常起動する」を選ぶとたいていなにごともなかったかのように起動するものです(ただ、このときいつもの画面とフォントが違うな、とは思いました)。

    通常起動を選んだあとはこのような画面が出てきました。

    014 015 016

    見たことのないメッセージが次々と現れます。

    注目すべきは最後のダイアログです。「修復しています」ではなく「修復しようとしています…」という巧妙な言葉遣いになっています。

    健康食品の「利用者の声」のようなさりげない気遣いです。

    017

    わざととはいえ、怖いメッセージはやはりダメージがあります。

    このパソコンが所長の私物だったということも大きいでしょう。SSDなのでハードディスクのように物理的に壊れることはないと思っていたのですが。

    やがてこの「修復しようとしています…」も止まらなくなってしまったので再度強引に電源を切りました。毒を食らわば皿までです。

    018

    すると意外なことに立ち上がりました。

    強制的に電源をオフにするならばとことんオフにするのがいいのかもしれません。まったく保証できないアドバイスです。

    やっちゃいけないことのスリルと奥深さを感じる結果になりました。

    起動していたはずのソフトが立ち上がらなくなりましたが、特に気にしてません。

    ↓↓その他の\やっちゃいけない/ことはこちら↓↓

    \やっちゃいけない/バルコニーの隣の家とのあいだの壁を壊したい

    \やっちゃいけない/キネクトでエクセルを操作する

    \やっちゃいけない/ヘッドマウントディスプレイをして、寝る

    \やっちゃいけない/IoT より早く電気を消す

    \やっちゃいけない/人のつまみを食べる