Head of Innolab / Chief Producer


Hiroshi Morita

学生時代にMosaic(現在のブラウザ)からインターネットに触れたことを契機に、IT業界に身を投じることを決意、電通国際システム(後にISIDと合併)に入社する。20代の頃はエンジニアとして顧客企業に常駐し会計やSCMなどの業務システムの開発に携わる。MBA留学後はガラリと仕事内容が変わり、シリコンバレーやイスラエルのスタートアップとの提携や経営企画室にて中期経営企画や新規事業開発のスキーム策定などを手掛ける。2011年からイノラボ。現在はソニーと進める因果情報を解明するAI「CALC」、自動運転やMaaS(Mobility As A Service)などの次世代モビリティ、自分に得意なスポーツを教えてくれるAI「DigSports」、宮崎県綾町と進める有機野菜の生産履歴へのブロックチェーン技術の活用などの取り組みに加え、MIT Media Labとの連携、東京大学暦本研究室との共同研究などイノラボが手がけるさまざまなプロジェクトを統括している。昨年訪れたポートランドの街づくりにすっかり感化され、2020年とその先の街づくりを思案している最中。1995年早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。2005年米国ペンシルベニア州ピッツバーグ大学経営大学院にてMBA取得。講師「一橋大学 社会学部 社会組織論」他。著書「環境と経営がわかる本」他。旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会、御殿山エリアマネジメントなどもろもろ参画中。株式会社クウジット(社外)取締役。

INNOLAB MEMBERS