INNOLAB MEMBERS

Head of Innolab / Chief Producer

Hiroshi Morita

森田 浩史

interview_thumb

「あったらいいな」とテクノロジーをマッシュアップして未来を楽しくしたい


Q1

現在イノラボでどんなことを研究していますか?

A1

イノラボは、デザイン思考のフレームワークを活用し、みんなの「あったらいいな」と様々なテクノロジーをマッシュアップし、それをプロトタイプすることで世の中にいち早く納得感のある体験を提示することがミッションです。適用分野は、街づくり、スポーツ、ヘルスケア、観光、教育。テクノロジーは、AR/VR、センサー、AI(Artificial Intelligence)、IoA(Internet of Ability)(※)などが主なところです。

私はすべてのプロジェクトを統括する立場ですが、なかでも街作りとスポーツなど新しい「場づくり」につながる取り組みに注力しています。具体的にはグランフロント大阪で世界初のソーシャルシティプラットフォームを導入したノウハウを、2020年とその先の街づくりに取り入れています。

※テクノロジーを使って個々人の能力を引き出すこと。東京大学の暦本純一教授が提唱。


Q2

過去に手がけた事例を紹介してください。

A2

いろいろあって何を話すか悩みますが、最近の事例だと「エブリスポ!」です。週に1回以上運動する人の割合、いわゆる運動実施率が50%を切っているって知ってます? 健康にいいと分かっていても自分たちだけではなかなか運動継続できないものです。そこで私たちは街で働く人とそこに住む人がつながって、スポーツを通じてみんなでコミュニケーションしていく新しいモデルを開発しました。こういった仕組みはこれまで簡単に創れませんでしたが、ウェアラブルデバイスやSNSの普及によりシステム的には可能になっています。このように、さまざまな技術をマッシュアップし、実際の地域やコミュニティーで活用可能なカタチに昇華させることが私たちの役割です。


Q3

いまもっとも関心のある最先端技術は?

A3

今関心があるのはチャットボットですね。人と機械のインターフェースは限りなくシンプルでカジュアルなものがいいと思うのですが、チャットボットはその最たるもののような気がしています。これまで提供してきた街のガイドアプリみたいなものは、今後、街の知識を集積し、一定のフィロソフィーを持って来街者に伝えていくチャットボットに変わっていくかもしれません。

あと、話はかなり飛んでしまいますが「CRISPR-Cas9」なんかは破壊的テクノロジーだとおもっています。Cas9は、ゲノム、つまり遺伝子の配列を簡単に編集できてしまうものですが、こういった技術を医学や薬学の分野だけでなく、イノラボのような自由な発想ができる立場で探ることも重要だし、面白いと思っています。


Q4

研究分野で成し遂げたいこと・思いを語ってください。

A4

現在、イノラボは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けてさまざまなプロジェクトを進めています。オリンピックは世界に向けた最新テクノロジーのショーケース的な側面がありますが、イノラボの研究は開会式を派手に演出するためのものではありません。この一過性のイベントをきっかけに、世の中に残る仕組みを実装(=Deploy)したいと考えています。

たとえば、現在、暦本教授と共同で開発している「Running Gate」もその一つです。センサーが設置されたエリアを通ると自分のランニングフォームを3Dモデルで記録できるシステムなのですが、これまでプロトタイプ段階にあったものを2020年に向けて世の中にどんどん実装していくことにワクワクしています。

photo02


Q5

あなたにとってイノラボとはどんな場所?

A5

「あったらいいな」から発想できる貴重な場所です。イノラボは企業の中にありながら、制約やしがらみがありません。だから、出発点はいつも「あったらいいな」という自分の原体験。ビジネスや技術ありきのものより、原体験から生まれるものの方が強いと思うんです。

また、イノラボには、スキルや価値観がまったく異なるスペシャリストが集まっています。いわゆる天才と呼ばれる人も。そういったエッジの効いた人を活用することはふつうの企業では難しいと思いますが、イノラボはケミカライゼーション(化学反応)に前向きな場所でもあります。異なる化学式が集まって反応を起こすことで新しいものが生まれると信じているんです。

そうやって集まった一人ひとりの「あったらいいな」を、日々チームとして実現しています。


Q6

イノラボはこれからどう進化していくべきでしょうか?

A6

あらゆる製品やサービスがインターネットにつながるIoT時代、いまや世の中全体がどうやってオープンイノベーションを実現するか、躍起になって考えています。実際にConnected CarやFintechなど、われわれの顧客にもオープンイノベーションの波が押し寄せています。でも日本の企業は長年自前主義でやってきたのでどうやってオープンイノベーションをしていいのか分からず手をこまねいています。一方のSIerも顧客に仕様を提示されないと提案ができず価値のある活動ができていません。だからイノラボが注目されているんだと思います。顧客から言われたものを作るSIから脱却するためには、コンシューマーの視点が不可欠です。BtoBtoCの視点を持ち、自分たちでビジョンや機能・デザインといった仕様を考え、さらには世の中への打ち出し方、すなわちマーケティングを行うことも必要になってきます。イノラボもこれまで進めてきたプロトタイプと実証実験から一歩進み、提携や事業化をダイナミックに手掛けていくつもりです。


Q7

いまもっとも興味のある人物・関心ごと、趣味はなんですか?

A7

さきほども触れたように、イノラボのプロジェクトにとって「2020年」は一つの大きな節目になっています。それまでの数年、これまで進めてきたプロトタイプと実証実験の成果を世の中に実装することに注力していくつもりです。その間、「進化」ではないかもしれませんが、仕事への取り組み方は大きく変わっていくことになると思います。

世の中全体がオリンピックに向かっていく2019年ぐらいには、さらに先の未来、「Beyond 2020」を本格的に考えていきたいです。


profile

profile

Head of Innolab / Chief Producer

Hiroshi Morita

森田 浩史

大学時代にMosaicからインターネットに触れ、胸騒ぎがしてしまい、うっかりIT業界に身を投じる(年齢的にはホリエモンと一緒)。20代の頃は客先に常駐し会計やSCMなどの業務システムをひたすら開発する。MBA留学後はガラリと仕事内容が変わり、シリコンバレーやイスラエルのスタートアップとの提携業務などを行う。経営企画で会社のお作法を学んだ後、2011年からイノラボ。現在は世界初のソーシャルシティプラットフォームを導入したグランフロント大阪の街づくり、東京大学暦本研究室と進めるスポーツ&ライフテクノロジーラボ、立命館守山校とのアダプティブラーニング実証実験などイノラボが手がけるさまざまなプロジェクトを統括している。昨年訪れたポートランドの街づくりにすっかり感化されてしまい、2020年とその先のワクワクする東京を思案している最中。1995年早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。2005年米国ペンシルベニア州ピッツバーグ大学経営大学院にてMBA取得。講師「一橋大学 社会学部 社会組織論」他。著書「環境と経営がわかる本」他。日本シェアサイクル協会、旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会などもろもろ参画中。