COLLABORATION PARTNERS

Robotinity Technologist

Kyunkun

きゅんくん


profile

profile

Robotinity Technologist

Kyunkun

きゅんくん

1994年東京都出身。ロボットとの合体を目指し、機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作している。金属加工、電子工作、洋裁を自身で行う。 高校生の頃より「メカを着ること」を目標にロボティクスファッションの製作を続け、2014年よりウェアラブルロボットの開発を進めている。2014年KIRINプレゼンツ「Green Apple Museum」、TOKYO DESIGNERS WEEK 2014「スーパーロボット展」にてウェアラブルアームロボットを招待展示。2015年テキサス「SXSW2015」Trade Showにてウェアラブルアームロボット「Metcalf」発表。同年7月、外部研究員としてイノラボのロボティニティ・アンド・ファッション領域の研究開発をリードするロボティニティ・テクノロジストに就任。